文面の書き方 | 弔電で観光葬祭の時に気持ちを運ぶ【超はやいメッセージ】

弔電で観光葬祭の時に気持ちを運ぶ【超はやいメッセージ】

花

文面の書き方

故人を悼む場では遺族などに配慮した行動を行なうべきである。
大きな混乱が起きないように、葬儀も弔電を読み上げるときやお経をよむときなど、プログラムにそって進行するようになっている。
焼香などのときにも決まった作法があるので、整然と式が行われるように、あらかじめ作法などは知っていた方が良い。
作法を知っていると、余計な感情を呼び起こすこともないので、スムーズに作業を行なうことができるのである。
一番は失礼にならないように、そしてその次に思いを伝えることが大事である。
弔電を送る時は、急いでいるかもしれないが、文面などにも気を配りながら、適切な時に送りたいものである。

弔電の文面は決まった形式があり、これに則って注文するのが適当である。
弔電を電報で申し込む際は、番号で文面を選ぶことができる。
一つ一音声を聞くことができるので、その文面を確かめながら選ぶと良い。
ご逝去の際に~など、決まりきった文ではあるが、その後に自分なりの文面を付けることもできる。
そのとき、忌み言葉とよばれる言葉は極力避けることが大切である。
「重ね重ね」といった言葉は、不幸が重なって訪れるというイメージにもつながってしまうので、二重の言葉は避けるのが基本となっている。
また、死亡や生存、といった表現は、生死に直接関わっている葬儀の場では、生々しい表現となってしまうので、忌み言葉となる。
心配であれば、オペーレーターに相談することもできるので、電話であればこの文面で良いのか聞くことが大事である。