色んな形式 | 弔電で観光葬祭の時に気持ちを運ぶ【超はやいメッセージ】

弔電で観光葬祭の時に気持ちを運ぶ【超はやいメッセージ】

花

色んな形式

電報は一番シンプルな通信手段である。
基本的には紙一枚で連絡を済ませることができるので、手元に届けられるのは厚紙を二つ折りにしたタイプの紙のみである。
しかし、今ではぬいぐるみが持つ筒に入れるなど、色んな電報がある。
個性豊かな電報であれば、楽しい気分になることもできる。
また、弔電では楽しいというよりはひっそりと死を悼むことが大切になる。
このため、弔電用の個性的な形式も色々と販売されている。

弔いの場でも、祝いの場でも、花はとても大切である。
プリザーブドフラワーをあしらったタイプの弔電がとても人気で、葬儀に合った白や紫の花と合わせて提供されている。
葬儀で用いられる花には、バラやユリなどが適切であり、花の種類はあまりこだわらない。
しかし、根付く花は避けた方が良いといえる。
プリザーブドフラワーは枯れることがないので、送る弔電にはぴったりである。そして、弔電として使った後は、飾りにも使うことができる。
プリザーブドフラワーは厚みがあるが、押し花タイプだとリーズナブルで配達もしやすい。

また、刺繍を弔電に施したタイプも人気がある。
刺繍であればかさばらず、色んな柄を使うことができる。
置物として使うことができるものは、価格が10,000円程と、高価になる。
しかし、刺繍であれば価格が1,000円前後なので、注文にもあまり気後れせずに済む。
大事なのは気持ちなので、ごくシンプルなものでも充分である。
弔電の柄には、葬儀に合った物が選ばれているので、どれを選んでも適切なものが届けられるので安心して利用できる。