送り方を知る | 弔電で観光葬祭の時に気持ちを運ぶ【超はやいメッセージ】

弔電で観光葬祭の時に気持ちを運ぶ【超はやいメッセージ】

花

送り方を知る

告別式は通夜の翌日に行われるので、手紙などよりは弔電を送った方がすぐに遺族に届けることができる。
しかし、やり方がわかっていないとどうしても慌ててしまうものである。
通夜の翌日には葬儀が始まってしまうので、あれこれ気をもんでいるうちに弔電を送り逃してしまうということもある。
このため、あらかじめ弔電の送り方について知っていた方が、もしもの時に慌てることが無いということになる。
結婚式ならまだしも、訃報は突然知らされるものである。
気持ちがあったとしてもそれを伝えることができていなければ、後悔してしまうので、基本的な冠婚葬祭のしきたりについて知っておいた方が良いというのはこのためである。

弔電を送る事が出来る機関は様々ある。
通信会社が請け負っているものであれば、自宅や携帯電話から申し込めるので便利である。
番号は115を押せば簡単に繫がる。
電話受付は時間帯があり、午前8時から午後7時が受付時間となっている。
この時間であれば、当日中に配達してくれるので、朝に葬儀を知ったとしても、夕方の装儀であれば充分間に合わせることができる。
午後7時以降は、翌日の配達となるが、前日に申し込んだ場合は充分に間に合わせることができる。
また、インターネットの場合、24時間受付で、クレジット決済を行なうこともできる。
電話料金から差し引かれる場合もある。
送る場所は、通夜や葬儀が行われる葬儀場の場合もあるが、基本的には遺族宅への送付となる。