お悔やみの言葉 | 弔電で観光葬祭の時に気持ちを運ぶ【超はやいメッセージ】

弔電で観光葬祭の時に気持ちを運ぶ【超はやいメッセージ】

花

お悔やみの言葉

宗教的な意味合いが冠婚葬祭では含まれている。
しかし、現代の生活では、主義主張が様々に分かれており、必ずしも宗教的な形式に乗っ取らずに、冠婚葬祭が行われることもある。
結婚式は周囲へのお披露目会、告別式はお別れをし、故人を悼む会であるという意味合いが強くなってきている。
告別式ではお経が読まれるが、必ずしも仏教に属している人でなくてもこういった儀式がある。
これは、死者を悼む方法の一つとして捉えられている。
このため、告別式では弔電を読み上げる項目が、必ず式の中に含まれている。
宗教的な意味合いがある儀式では、出席する人の気持ちが式自体に影響を及ぼすと考えられている。
告別式では祈りを読み上げ、死者を死後の世界へ送ることになる。
その場に参加することで、そういった力を届けることができるのである。

しかし、遠方に住んでおり、出席することができない、遺族には思いを伝え、故人を送る手伝いをしたいという時には、一つ方法がある。
それは、弔電で気持ちを伝えることである。
弔電は告別式の中で読み上げられるので、遺族に気持ちを伝えることが可能である。
形に残る弔電のようなものがあれば、芳名帳に名前を残さなくても、遺族は名前を把握することができる。
霊的な面では、出席者が読み上げてくれることで、故人にも伝えることができているといえる。
死者に言葉が伝わっているのかどうかということは、様々な議論がある。
しかし、大事なのは弔電を送ることによって、自分の気持ちを鎮めることができ、それは死者への鎮魂にもなる。