手書きでも送れる | 弔電で観光葬祭の時に気持ちを運ぶ【超はやいメッセージ】

弔電で観光葬祭の時に気持ちを運ぶ【超はやいメッセージ】

花

手書きでも送れる

弔電や祝電を申し込むとき、通信会社などを利用することになる。
通信が発達することで、人間の文明生活はどんどん発展していった。
手紙の配達は車の発達やインフラが向上することで確立していくが、移動して届けられるまでの期間にどうしても時間が必要になってくる。
その情報伝達の速度は、電気信号で通信ができるようになって更に発達した。
電気信号は通信網を伝って一瞬で届けられる。
このため、急ぎの用事は昔では電気信号で送ることができる電報がよく使われていた。
電報の始まりは、日本からカナダへの通信が始まりであった。
モールス信号という通信手段が当時は整備されていたので、信号の長さで文字を伝えるこの方法はそのまま電報に応用された。
それが、今の祝電や弔電などに繫がるのである。

通信は当初は音声を電気信号に変換することで情報を伝えていた。
全ての情報を結局は電気信号に変換すれば、相手に伝えることができるのである。
その技術はファックスやインターネットに応用されている。
このため、いろんな方法で弔電を伝えることができるようになっている。
ファックスでは手書きの文章や図を、電話回線を通じた通信で提示することが可能になっている。
これを弔電にも応用することができる。
手描きの文章を送付するサービスを行っている会社があるので、そのホームページを見ることができれば、すぐに利用することができる。
ウェブでも窓口でも行っているので、多くの人が利用できるようになっている。